非加硫ブチルゴム系 防水材料 1

非加硫ブチルゴム系防水シート -ストップシート防水工事-

ストップシート防水工事は、四季激変する気象条件の下、完全なる防水工事を目指し成長を続けてまいりました。又、急激な構造的進歩を遂げる建築業界においてもそのニーズに完璧に答えてまいりました。その結果私ども組合員の施工技術が、業界において厚く信頼をえるに至りました。

私共は業界に好評をもって指定をうけるストップシート防水工事の更に将来への飛躍を期し、昭和56年4月1日東西シート防水工事業協同組合を設立し、北海道から九州に至る全国組織を発足いたしております。 ストップシート防水は、今後益々厳しくなる防水工事の責任施工に確固たる自信をもって対処いたします。

「ストップシート」は非加硫ブチルゴムと基布(ガラス繊維及びポリエステル繊維)との積層であり、国内唯一の非加硫ゴム系(複合シート)JIS A 6008許可工場で生産された商品です。「ストップシート」は自己接着工法で他に例を見ない特殊な防水材として開発され、他種商品の追随を許さない耐候性・耐老化性・耐薬品性・耐寒性に優れた特性を具え、経時変化も極度に少なく苛酷なる各種条件にも良く堪え得ます。

更に「ストップシート」は自己接着工法であり、シート一体化の完全防水化の特徴をもっております。東西シート防水工事業協同組合は時代の要請を先どりしてストップシート防水の品質の改良、施工技術の標準化と的確なる仕様、組合員の連帯性を深めるなど、将来に向って積極的に追求すべく一層の努力を傾注いたします。

-ストップシートの用途-

鉄骨、鉄筋建築物の陸屋根、勾配屋根及び地下、床、浴室、厨房等の防水、軽量建築物の防水、異形建築物の防水、地下鉄、地下街、共同溝の防水、貯水池、用水路の防水、橋梁、高架、隧道の防水、冷凍庫及び冷蔵庫外側の防水、他種防水の補修防水

-ストップシートの特徴-

ストップシートは昭和43年発売以来防水をあらゆる面から探求した非加酸ブチルゴムを主体とする基布積層の合成高分子ルーフィングです。

A D
日本工業規格表示許可工場(JIS A 6008複合シート非加硫ゴム系)で極めて厳格な品質管理のもとに生産された防水シートである。 非加硫ゴム同士の接合であり、ジョイントは一体化し完全な接着性を発揮する。
B E
下地に対するなじみが良く、特に役物における納りが完璧である。 亀裂に対し十分追従し、調色が自在で、軽量な防水層の形成ができる。
C F
吸水及び透水は殆んど皆無であり、対候性、耐薬品性に優れ永年に亘り防水層の機能を発揮する。 夏場でのダレ、冬場での脆化によるひびわれ現象がなく、地域に関係なく同一商品での施工ができる。

種類と規格

商品名 構成図 適用工法 厚さ(mm) 幅(mm) 長さ(m)
露出 押え
ストップシート K ×
(室内)
2.0 1,000 10
ストップシート S20 2.0 1,000 10
ストップシート S20A 2.0 1,000 10
ストップシート SP20
脱気シート
2.0 1,000 10
ストップシート S15 × 1.5 1,000 10
ストップシート SP15
脱気シート
× 1.5 1,000 10